講座「夫、彼氏を愛ある下僕にする方法」

ご夫婦やカップルのカウンセリングをしていると、

このふたりならもう大丈夫だろうな、って感じる時があります。

 

もちろん、

 

カウンセリングを通してのおふたりしか存じ上げないので、

それは感覚と、経験則からくるものではあるのですが、

 

たくさんのパートナーの形を見るにつけ、結構その見立てには自信を持っているのです。

 

では、どんな時にそれを感じるかというと、

 

彼と彼女の立ち位置が、

微妙に彼女が上、というか、

斜め上くらいに落ち着いたな、

っていう時なんです。

 

どこまでいっても感覚的な表現で恐縮なのですが、

 

ものすごく上でもなく、

下でもなく、

そしてフラットでもない。

そんな斜め上のポジション。

 

そんな関係性に落ち着いてくると、お互いイキイキしてくるといいいますか、

ふたりの間に起こる問題やネガティブな出来事も、

うまくコミュニケーションできるようになってるな、って感じるようになります。

 

そして、

 

そんな関係性になってるご夫婦に関しては、彼が”愛ある下僕”になってるな、

 

って感じるのです。

 

下僕(げぼく)と読むと、なんとも失礼というか、なんちゅうこと言ってるんだと思われるかもしれませんが、ただの下僕じゃないですからね、

 

愛ある、

 

が大事なんですよ。

 

そう、愛のない下僕は、ただの召使いですが、

 

愛ある下僕は、

 

言い換えるなら、knightですよ(恥ずかしいから英語表記にしましたけど)。

 

そう、

 

きほん、男性は、大切なひとを守りたいし、助けたい。

 

そして愛したいのです。

 

でも、

 

色々な理由からそれがうまくできなくて、

孤独を彷徨ったり、

冷徹な仮面を被ったり、

仮初めの関係に救いを求めたり。。

 

そんな、

 

どうしようもない男にだって、

ホントは愛する力を使いたいって、気持ちが潜んでいるのです。

 

もし今、あなたのパートナー(これから出合う相手も含めて!)が、

自分の中にある、愛する力を使えずにいるのだとしたら?

 

そんな彼を救えるのは、

そう、パートナーであるあなただけかもしれません。

 

まず、

 

彼らの態度や行動の背景にある心理に目を向けてみましょう。

 

きっとそこには、

・認められたい、褒められたい

・助けたい、守りたい

そして、

・存在感を発揮したい

 

という欲求が隠れているはず。

 

彼を愛ある下僕にするには、まずはその欲求を理解した上で、

適切なタイミング、ちょうどいい加減で、この欲求を満たしてあげることです。

 

ただ褒めるでも、

頼るでも、甘えるでもなく。

大切なのはタイミングと加減。

 

でも、

 

いちばん大事なことは、

あなたがあなたの影響力を理解し、

それを彼に使う、発揮すると決めること。

 

愛ある下僕である彼は、

愛するあなたのために、

自分を使うひとになるわけですから。

 

愛するひとの見つけ方・シリーズ講座第4弾

「夫・彼氏を愛ある下僕にする方法」では、なんだかなぁ、っていう男性心理を見つめながら、

効果的に彼を動かすアプローチについてお話をしていきます。

今、パートナーがいるという方も、これから出合っていくいく方も、

 

これを知っておくと、

これからの関わり方がグッと変わってきます。

 

シリーズ講座は単発でも参加できますので、

ピンと来た方はぜひ。

 

 

**

愛するひとの見つけ方・シリーズ講座

「夫、彼氏を愛ある下僕にする方法」

日時:2月18日(土)18:30-20:30

会場:渋谷

受講費用:6,000

>>お申し込みはこちらから