なぜ夫婦関係の問題は改善が難しいのか?

ひとたびもつれた夫婦関係を改善するのは簡単なことではありません。「できることなら別れたくない」「もっと良い関係になりたい」「むかしように仲良くしたい」そう心から願っていても、話し合いをすれば喧嘩になってしまうし、何から手を着ければ良いのかもわからなくなることも少なくないでしょう。

なぜ夫婦関係の問題は改善が難しいのか?

それは、目の前で起こっている問題があまりに痛すぎて、本質的な”テーマ”にまで意識が向かないからなのかもしれません。浮気やモラハラ、セックスレスなど、顕在化した問題に隠れた本当のテーマは何か?夫婦のためのカウンセリングでは、ふたりの間に隠れた「問題の根っこ」を見つけることで、より良い関係への道筋を紡いでいきます。

見つめ直すのはもつれた「関係性」

夫婦の間で起こるトラブルや、行き違いの多くは、元を正せばその「問題」の影に「愛情」が潜んでいる場合が少なくありません。「喧嘩ばかりでもう嫌になってしまった」「会話も無いし、一緒にいる理由が見つからない」そんな風に感じるのはなぜか?それは、本当はもっと仲良くしたいし、たくさん話しがしたいからでしょう?

もう無理かもしれない、と感じるようなとき。

その根っこにも、もし「愛」が隠れているとしたら?見えてくる風景は変わるし、取り組み方にも変化が生まれてきます。夫婦のカウンセリングで扱うのは、顕在化した個別の問題だけではなく、「愛する気持ち」を滞らせている”心のわだかまり”。そして”わだかまり”によって機能不全に陥っている関係性です。

夫婦の関係に違いを作る、4つのステップ

夫婦関係の取組には多くの時間とエネルギーが必要です。だからこそカウンセリングは、できるだけ少ない時間で無駄なく進められることが大切であると私たちは考えます。LifeDesignLaboの夫婦カウンセリングでは、問題となっている夫婦間の関わり方を「コミュニケーション」「価値観」「感情」という、3つの視点から見つめ、適切なプロセスとアプローチで夫婦関係に違いを作っていきます。

夫婦の関係に違いを作る

 

STEP①今の状態をチェックする
夫婦としてのリレーションは健全に機能しているか?過去のわだかまりや不安から共有できていない話題や、飲み込み我慢している気持ちはないか?「コミュニケーション」「価値観や考え方の違い」「情緒的なつながり」の三点を慎重に見つめながら、問題になりやすい考え方や関わり方のパターンを見つけ、改善に向けたアプローチを見つけます。
STEP②プランを立てる
解決したい「夫婦関係の問題」について考え、直面する問題だけでなく人生を通してビジョンを実現するための計画を立てていきます。
STEP③わだかまりを癒やす
感情的なわだかまりは夫婦関係の改善を妨げるだけでなく、新たな問題を引き起こす原因にもなります。過ぎたこと、と見ないふりをして未解決なままになっている出来事はないか?仕方のないことと諦めて呑み込んでいる気持ちはないか?ふたりの間にある過去のわだかまりを精算することで、今ある問題やこれからの取組みに100%集中することができるようになります。
STEP④実践する
知らず識らずの内に繰り返していた接し方や態度、コミュニケーションのクセを見つけ、修正していきます。また、それぞれが大切に感じていることの理解することを通して、夫婦としての「関わり方」「考え方」「行動」の基準をつくっていきます。

ふたりの間には、これまでの関わり合いの中で培われてきたすれ違いや価値観の違い、誤解というわだかまりや、もつれがあるのかもしれません。けれど、そんなもつれをひとつひとつ紐解いて、解きほぐしていくことで、それぞれの見方、感じ方、考え方が変わります。とらえ方が変われば、思考も変わる。思考が変われば、選択肢も変わる。選択肢が変われば、関係性も変わります。


TOP