”夫婦で話す” ということは、

あるフェーズにおいては、とても怖いことでもあるかもしれない。

 

本音を話すと、もう後戻りできないかもしれない。

本音を聞くと、許せないかもしれない。

 

自分でも、「分かって欲しい!」

とは思うけれど、

何を分かって欲しいんだっけ?と深掘ると、

迷宮入りしてしまうこともある。

 

自分で、自分の本音に気付くのが、一番怖いかもしれない。

 

もはや何年も脇に置いたり、

押し込めたり、

想像したりして、

 

話してこなかったことは、なおさら。

 

夫婦なんだから、愛してくれて当たり前、続くのが当たり前、

ではないかもしれないし、

 

口に出して言わなくても、帰ってくるんだから、

あたりまえ、

かどうかは、言わないと分からない。

 

 

これまで話していなかった夫婦が話し始めると、

もちろん、やさしいことばっかりではない。

文句もでるし、

すれ違っていたことにも気づくし、

時には決断も迫られる。

 

 

それでも、

 

 

このまま人生を終えたくない。

そう思う時には、

動き出す。

ことを、おすすめする。

 

 

ゴール設定をして、

夫婦円満!という旗を立てて、そこに一直線に向かう様な道筋は無いんだけれど、

封印して、

我慢して、

察して、

ごまかして、

 

そうやっている所に、明るい未来は見出しにくい。

 

 

「話す」とうことは、時に、とても怖い。

それでも、

自分が自分でありながら、

夫婦としての形も、関係も、

見直していく。

 

そうするところに、ひらける道は、

あるものだから。

 

 

夫婦で話す、ということ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です